館林記念病院 患者さんの権利と義務

館林記念病院患者さんの権利と義務

1.個人の尊厳
患者さんは、不当な拘束や虐待を受けることなく、その人権が守られ,個人の尊厳を保持される権利がある。

2.平等・最善の医療を受ける権利
患者さんは、社会的地位や宗教・病気の種類などにより、差別を受けること無く、平等で安全活適切な医療を受ける権利がある。

3.知る権利
患者さんは、自分の病気について容易に理解することが可能な言葉や方法で、説明や報告を受ける権利がある。又,所定の手続をすることにより、診療録の開示を求めることもできる。

4.自己決定権
患者さんは、自分の受ける医療行為に対して、自らの自由な意思により選択・決定する義務がある。

5.プライバシーの権利
患者さんは、プライバシーの保護を求める権利があり、診療に直接関与する者以外に対しては、その承諾なしに開示されない。

6.患者さんの責務
上記1~5の権利を守るため、患者さんは、病院の規則に従い、他人に迷惑をかけることなく、医療に参加・協力する責務がある。

▲ページトップへ