館林記念病院 患者さんの権利と義務・個人情報保護について

館林記念病院患者さんの権利と義務

  • 1. 個人の尊厳
    患者さんは、不当な拘束や虐待を受けることなく、その人権が守られ,個人の尊厳を保持される権利がある。
  • 2. 平等・最善の医療を受ける権利
    患者さんは、社会的地位や宗教・病気の種類などにより、差別を受けること無く、平等で安全活適切な医療を受ける権利がある。
  • 3. 知る権利
    患者さんは、自分の病気について容易に理解することが可能な言葉や方法で、説明や報告を受ける権利がある。又,所定の手続をすることにより、診療録の開示を求めることもできる。
  • 4. 自己決定権
    患者さんは、自分の受ける医療行為に対して、自らの自由な意思により選択・決定する義務がある。
  • 5. プライバシーの権利
    患者さんは、プライバシーの保護を求める権利があり、診療に直接関与する者以外に対しては、その承諾なしに開示されない。
  • 6. 患者さんの責務
    上記1~5の権利を守るため、患者さんは、病院の規則に従い、他人に迷惑をかけることなく、医療に参加・協力する責務がある。

個人情報保護について

<当院における個人情報の利用目的>

当院は、個人情報を下記の目的に利用し、その取り扱いには細心の注意を払っています。個人情報の取り扱いについてお気付きの点は、病院窓口までお気軽にお申し出ください。
病院長

  • ■ 医療提供
    • ・当院での医療サービスの提供
    • ・他の病院、診療所、助産所、薬局、訪問看護ステーション、介護サービス事業者等との連携
    • ・他の医療機関等からの照会への回答
    • ・患者さんの診療のため、外部の医師等の意見・助言を求める場合
    • ・検体検査業務の委託、その他の業務委託
    • ・ご家族等への病状説明
    • ・その他、患者さんへの医療提供に関する利用
  • ■ 診療費請求のための事務
    • ・当院での医療・介護・労災保険、公費負担医療に関する事務およびその委託
    • ・審査支払機関へのレセプトの提出
    • ・審査支払機関又は保険者からの照会への回答
    • ・公費負担医療に関する行政機関等へのレセプトの提出、照会への回答
    • ・その他、医療・介護・労災保険、および公費負担医療に関する診療費請求のための利用
  • ■ 当院の管理運営業務
    • ・会計・経理
    • ・医療事故等の報告
    • ・当該患者さんの医療サービスの向上
    • ・入退院等の病棟管理
    • ・その他、当院の管理運営業務に関する利用
    • ■ 企業等から委託を受けて行う健康診断等における、企業等へのその結果の通知
    • ■ 医師賠償責任保険などに係る、医療に関する専門の団体、保険会社等への相談又は届出等
    • ■ 医療・介護サービスや業務の維持・改善のための基礎資料
    • ■ 当院内において行われる医療実習への協力
    • ■ 医療の質の向上を目的とした当院内での症例研究
    • ■ 外部監査機関への情報提供

    付記

    • 1. 上記のうち、他の医療機関等への情報提供について同意しがたい事情がある場合には、その旨をお申し出ください。
    • 2. お申し出のないものについては、同意していただけたものとして取り扱わせていただきます。
    • 3. これらのお申し出は後からいつでも撤回、変更等をすることが可能です。
▲ページトップへ